back_top.jpgback_top.jpg

top_link_kinou-new.jpg

システム概念図



▼クリックで拡大します▼
gainenzu6.pnggainenzu6.png

工事管理システムの見積から入金までの流れ
(基本機能)

kouji-nagare.png

mitsumori-mini.png①見積書を一括または、工種別に作成できます。
②見積明細内容は、見積書の鑑(表紙)に連動するので自動作成できます。
③商品の原価を登録しておくと、予定粗利(儲け予定額)を算出でき
見積原価の合計を工事台帳の実行予算にも反映することができます。
④明細情報から、各種帳票印刷ができます。
⑤見積書に入力した内容は、リストとして印刷することもできます。
⑥過去の見積書を簡単に検索できます。
⑦他のパソコンで作成したエクセルの見積書なども、CSV形式でデータをカシオのシステムに取込めるので見積書を一括管理出来ます。また、受注や請求時にもそのデータを反映できるので、入力モレがなく安心です。さらに、工事台帳の実行予算としても反映できます。

工事見積明細一括入力

▼クリックで拡大表示します▼

mitsumori-den.png

見積書の明細部分を一括で作成することができます。1物件の工事をまとめて見積りとして積上げていきます。原価金額を入力することも可能です。

工事見積明細工種入力

▼クリックで拡大表示します▼

mitsumori-den2.png

見積書の明細部分を工事の種類ごとに分けて作成することができます。1物件の工事の中から更に工事の種類ごとに、まとめて作成することも可能です。

juchu-mini.png①工事契約が成立した見積内容を受注情報として登録できます。
②受注済みの工事に対して、見積から追加契約処理を行うことができます。
③1つの工事が全て終了した段階で工事完了入力できます。
④工事ごとに番号発番をし、工事期間やメモを登録できます。
費用予測金額(工事台帳の実行予算)を出せます。
(見積入力で原価の金額を入力しておくと自動算出されます)

受注入力

jyuchu1.png

工事見積内容を受注登録する画面です。見積入力時に、原価の金額を入力しておくと自動算出されます(手入力も可能です)。この受注データは工事台帳に連動するので、工事台帳が簡単に作成できます。

【追加工事について】
受注済の工事に対して、工事の追加を請け負ったときも追加入力ができるので、契約金額も加算されてデータとして登録されます。

seikyu-mini.png①工事別または、得意先別に請求書を作成できます。
②受注業務で取込んだ見積書の情報を元に請求書作成ができます。
③見積書の情報がない場合も直接、請求書作成できます。
④得意先別に複数の工事を1つの請求書にまとめることができます。
⑤過去に発行した請求書内容は、指定した得意先と月度の範囲で
帳表(請求台帳)として印刷ができます。

工事別請求入力

▼クリックで拡大表示します▼
seikyu2018.png

工事単位に請求入力ができ、受注入力で取込んだ見積書の情報を元に請求書入力ができます。連動しているので、入力がとても簡単です。

得意先別請求入力

▼クリックで拡大表示します▼

seikyu-den2.png

得意先単位に請求入力ができ、同一の得意先に対する複数工事を1つの請求書にまとめることも可能です。

nyukin-mini.png
①工事請求に対する入金と、物販入金を同じ画面で入力できます。
②工事請求、工事入金取引、売上及び売上入金取引の明細を
得意先元帳に印刷ができます。
元帳を締めるタイミングは大きく分けて自社締、請求締です。
カシオ工事管理システムは、工事の売上分と物販売上分を同じ
得意先元帳に記入することが可能です。
1つの元帳にまとめて、取引内容を転記できるので、元帳作成が簡単にできます。

工事得意先元帳(自社締)

▼クリックで拡大表示します▼

motocho-den.png

工事得意先元帳(請求締)

▼クリックで拡大表示します▼

motocho-den2.png

工事費用管理について

hiyou_illust.png

工事日報入力】
当日行った作業内容を記した工事日報を工事費用入力で入力すると、
現場ごとの費用を自動集計します。施工途中でも、費用消化率を確認できるので
費用の使い過ぎを確認した時点で、赤字にならない対策を打つことができます。
工事日報を付けている、現場監督者の意識も変わり
赤字のない工事を目指すことができます。
また、経理担当者は仕入伝票や請求書を元に工事台帳を作成します。
この工事台帳と工事日報の2つのデータから、実績費用を比べ、大幅な誤差が
生じていないか等を確認することができます。
ミスや漏れをすぐに発見することが出来ます。

工事費用入力

hiyou_den.png

工事ごとに発生した費用を、費用種類別に入力することが出来ます。
工事費用の種類は、「材料費」「労務費」「外注費」「経費」と、他3つは任意で登録することが可能です。明細部分の入力は費用の種類を選択し、商品名、数量や金額を入力するだけなので忙しくても簡単に登録できます。
(仕入伝票を入力していれば、そのデータから費用伝票を作成することも可能です)

仕入買掛管理について(外注先へ支払管理)

カシオEX工事システムは、仕入買掛管理も出来ます。
どこの仕入先から、何を購入したのかを入力するだけなので簡単です。
特定の工事の為に仕入れた材料については、見積書作成時に発番した工事番号を
入力することで、その工事の費用伝票が同時に作成されて、工事台帳にも費用として
自動で登録されます。データが連動することで
同じ情報を何度も入力する必要がなく、入力モレも防げるので安心です。
※工事に関わった職人さんの外注先への支払い管理も出来ます。

仕入伝票入力(外注先への支払管理)

siire-den.png

仕入内容の入力時に、工事番号を入力すると、費用データに接続します。
これにより、工事台帳にも、使用した材料費として反映されるので
入力ミスもなくなり、計算が合わないという事態を防ぎます。

出来高表作成について(工事の出来高請求)

【工事出来高明細とは】
ex工事管理システムは、出来高請求に対応したシステムです。
工事出来高(実際に出来た部分)に応じて、得意先へ請求する明細を作成できます。
受注済みの工事に対し、見積の情報を契約情報として取込み、取込んだ契約情報に対する出来高を入力し、出来高明細書を作成することができます。
※取込んだ契約情報は変更することもできます。

工事出来高請求書

▼クリックで拡大表示します▼

dekidaka-den.png

この様な、工事出来高請求書も作成可能

工事出来高請求書(明細)

▼クリックで拡大表示します▼

dekidaka-den2.png

この様な、工事出来高請求明細も作成可能

工事の指定伝票作成について

ex工事システムは、自社伝票や得意先指定伝票も作成(印刷)することが出来ます。今お使いの伝票は全て、そのままご利用いただけますので、手書きの伝票も全て印字化できます。ハガキ、ヤマトなどの各運送会社の送り状全て、領収書、封筒(A3までOK)など、様々な書類や伝票を印刷することが出来ます。今まで手書きで時間が掛かっていた伝票作成も、印字化することで作業時間の短縮に繋がります

denpyou2.png

物品販売による売掛管理について

denpyou3.png
カシオEX工事システムは、自社取扱い商品の売掛管理をすることができます。たとえば、個人宅改装工事でサッシを新しくすることになり、会社でサッシを取り扱っていた場合、その売掛管理を行うことができます。

グラフや表で工事費用や工事粗利を確認できる

カシオ工事管理システムは、工事費用や工事粗利を分析し、グラフや表で、すぐに確認することができます。一目で「この工事は今、儲かっているのか?無駄な費用が発生していないか?」という状況を把握できます。この情報をいち早くキャッチすることで、最終的に赤字工事にならないように事前に対策を打つことができます

web1.png
この分析資料作成について更に詳しくはコチラをクリック


WEB機能

現場ごとの工事写真、工程表、部材カタログ
見積書などを一括管理できる!

web2.png

お持ちのスマートフォンやタブレットで撮影した工事写真は、そのままカシオのWEB機能サイトへメールで送信すれば、インターネットでいつでも確認、取り出すことが可能です。カメラで撮影した写真も、もちろんクラウドで管理することが出来るので、いつでも確認できます。工事写真だけではなく、工事図面、工事打合せ書類、工事申請書類、工事見積書、工事請求書も工事ごとに管理されたファイルの中に、一括管理ができるので、書類や写真がバラバラになり、紛失することもありません。また、会社の営業マンが営業で使う部材カタログもクラウドで保存できるので、重たいカタログを持ち歩く必要はありません。取引先にタブレットで部材カタログを見ていただくことが可能なので、スマートな営業活動もできる様になります。


dekiru.pngこの工事管理システムは、施主向けに工事写真(施工写真)などを、インターネットにアクセスするだけで、共有することが可能です。工事の進捗状況をお客様が確認できれば、安心感を与えることができるので
“お客様満足度”が上がります。

工事日程管理(スケジュール)は、当日でも、どこでも確認できる!

web3.png

会社によくあるホワイトボードに書かれた工事スケジュールは、
インターネットでも確認することができます。カシオ工事管理システムで入力した受注情報を元に、自動で工事のスケジュール作成ができます。
出先(現場)や、自宅でもインターネットが出来る環境さえあれば、当日の出面予定をすぐに確認できるので、急な変更などにも臨機応変に対応することが可能です。工事スケジュールを確認する為だけに、事務所へ出向く手間が省けます!
この工事日程管理表を開くと、工事名ごとに分類されていて、クリックするとその工事の期間、住所、契約金額、費用予想金額などが分ります。また、現在発生している費用、残金、現場の地図(Google Map)、天気予報(気象庁サイト)も表示されるので、とても便利です。



ask201602-2.pngask201602-2.png



ban.pngban.png